英語教室@toiro東武練馬

8/14 にTOIROで英語教室して来ました

今回反射神経が働くようなゲームが多かったです。

初めに、単語を覚えるゲームで、皆以前書いてくれた単語帳を出し、僕が日本語でその単語を言って、英語で早く言えた生徒が得点もらう。生徒本人が書いた単語なので、何を書いたかを思い出したり、日本語の意味から英語の意味に切り替える練習にもなって、いい勉強になったと思う。

今回の教室の前半は復習に集中したいと思って、先月の教室で覚えた文法と単語を使うアクティビティがメインだった。言語習得には、次々と新しいこと覚えようとしても、復習が一番ためになる働きなので、これからも前半復習/後半新しい勉強にしていきたいと思ってます。

先月覚えた”I like to/I want to/I have to”
とトランプ使いました。トランプの数字によって言う文法が変わるゲームで、自分のタイミングで数字に合わせた文法を言ってカードを触る。最後に触ってない生徒がカードをマイナス得点として受け取る。先月やった文法だから、皆ぱっぱと文章言えたし、復習として価値があったと思います。

 

さらに復習を強化するため、トランプを広げて、一枚一枚自分でとって自分で文を作る2分間のスピードラウンドもした。最終的な復習だったから、とりあえずできるだけ文法と振り合わせて復習終わらせるためにやった。カードがもうすぐなくなるまで早くできたので、みんなしっかり文法覚えることできたと思う。

次は先月の文法の疑問形の使い方を教えました。”do you like to/want to/have to”。
新しい文法だったから、最初は僕が決めた文章を使って、ただそれを口にして言ってみる練習として、質問してカードを当ててみる英語ババ抜きしました。ババ抜きらしく、最後の方だいぶ盛り上がってきました。

次は自分で想像して文章作るために、モノマネゲームしました。話題が書かれたカードを読んで、一人がその行動をジェスチャーで示す。周りの生徒が質問してそれを当ててみます。何やってるのかわからないので、それを当てるには質問で聞くことが言語的にも自然で現実性のあるゲームでよかったと思います。みんな楽しくできたと思います。

最後は、またトランプ使って((僕はトランプよく使います、すみません))、質問を聞き合うゲームでした。生徒の前にカード一枚を置き、生徒と生徒のカードのマークが被ったらお互いに質問しなきゃいけない。面白いところは、その質問の答えが「YES I DO」の時に終わる。聞かれたことに対して、NOと言えるなら、聞かれた生徒はまだセーフで質問するチャンスがまだあります。YESと答えたら、質問できた生徒の手元にあるカードを全部もらわなきゃいけない。カードがたくさん溜まった生徒が一回でも勝ったら、それを全部他の生徒にあげちゃうことができて、カードが溜まれば溜まるほど楽しいゲームです。
最終的にみんな「いやーー楽しかったなーー」と言って、大分楽しめたと思います。

今度新しい文法を準備して行くので、楽しみにしてます

関連記事一覧

  1. まなび場 手作りソーセージ教室@東武練馬
  2. お雑煮

アーカイブ

PAGE TOP