てまひまお味噌@toiro東武練馬

\てまひまお味噌@東武練馬/

東武練馬toiroハウスでは、
先日自分たちの手で味噌作りをしました!

ちょうど1年前、
まなび場教室で作ったお味噌があまりにもおいしくてもう一度作りたいと思ったメンバーが集結。
教えてもらった味噌作りを今年はファミリーだけで挑戦しました。

昨年の様子はこちらより
http://tetotehouse.life/blog/2018/01/20/2018-0120/

材料は
大豆、麹、塩の3つだけ。

まずは大豆を茹でていきます。

「この茹でただけの大豆がおいしいんだよ〜」と去年参加したメンバーが口々に、
みんなに味見をしてもらいます。

きちんと素材を感じながら味わえるのも手作りならでは。

茹でた大豆はつぶしていきます。
なかなか手だけでは潰れなくて試行錯誤。
麺棒やハンドプロセッサーも登場しながらつぶしていきました。

米麹には塩をまぶして下準備。

麹に揉み込ませていきます。

最後に大豆と大豆の茹で汁と米麹をまぜてお団子状に丸めていきます。

昨年はタッパーに詰めたのですが、
今年は本格的な味噌作り用の樽も用意。
空気が入らないように敷き詰めていきます。

一番上にお米で作った重しをのせて、、完成!

ファミリーのとんたがラベル書きもしてくれました。

あとは半年から10ヶ月ほど寝かしたあとにお披露目。

すぐ食べられないのは残念ですが
昨年作ったお味噌は、
甘くて
豆の味もあり
焼いたらチーズのような濃厚さもあって感動しました。

そんなお味噌にまた数ヶ月後に出会えることを楽しみにして。

ファミリーだけで作ったお味噌は、
大豆の茹で汁をどれくらいの割合で入れたらいいか、
大豆の潰し具合はどれくらいか、
などなどあーでもないこーでもないとみんなでやってみたり、調べたりしながらの挑戦でした。

どうか無事お味噌になっていますように!

ひとりだとなかなかやってみたいなと思ってもやれないことが、
みんなとなら集まって挑戦できることはシェアハウスの良さだなとしみじみ。

そして
昨年参加したメンバーが半分、今年初めて参加したメンバーが半分。
こうして受け継がれていくのもまたシェアハウスの良さ。

少し先の楽しみを一緒に待ちながら過ごしていきたいと思います。

関連記事一覧

  1. コミュニティシェアハウス
  2. 七草
  3. ローストビーフ

アーカイブ

PAGE TOP